logo.gif


Img0333.png

HOME > introduction

photo.jpg


photo2.jpg

伝統的な風習にあやかって…

1月のキリスト教の公現節。

フランスでは昔からこの日の祭礼に、そら豆や金貨を入れた大きなお菓子「ガレット・デ・ロワ」を焼き、切り分けて食べた時、そら豆や金貨が当たった幸運な人を祝福する風習があります。
そして当たった人には、1年間その幸運が続く…
とも言われています。

現在、そら豆から始まったフェーヴは、小さな陶器となって、
イエス像をはじめ動物、車、人形、フルーツなど多種多様。

その年の想い出として集めていく楽しさもあります。
当店は、そんな風習にあやかって、いらしてくれた皆様が
すてきなフェーヴに出会い、しあわせを感じていただけたらと思っています。